ひろかわさえこの絵本とそれから・・・


by pukuminn

<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

メルヘンハウス


昨日2月3日、名古屋のメルヘンハウスに行って来ました。
創業45年、日本で初めて出来た子どもの本の専門店。
私もお付き合いさせていただいて20年近い年月が流れました。
そのメルヘンハウスが、来月の31日をもって閉店するのです。

朝から良いお天気。アリス館の編集のYさんと新幹線で待ち合わせ。
実はYさんとも長いお付き合い。彼女がアリス館に入社する前からですから
もう15年以上です。新刊の「ともだちのやくそく」も担当してくださいました。

名古屋駅のタワービルで、お決まりのきしめんを食べて、
いざメルヘンハウスへ。
何度か来た千種駅……何度も来たメルヘンハウス。
1999年に出版したぽかぽかえほんのシリーズ、
「いちにのさんぽ」「あめぽったん」「おふろにおいで」の原画展を
二階のギャラリーで開いていただき、それが始めでした。
その後、講演会に呼んでいただいたり、ブッククラブに私の本を入れていただいたり、
「ともだちになろうよ」は再び原画展も。
とてもとてもお世話になりました。

久しぶりに来た店内はお客様もたくさん、
ぷくちゃんを読んでくれていた親子さんや、子どもたちに私の本を読んでくれている保育士さんや、元気な子どもたちもいっぱい。

3時からのお話会に参加。久々の「あのやまこえてどこいくの」を、子どもたちとかけあいで読んだり、新刊「ともだちのやくそく」を、Yさんと二人読み。

f0269910_14492324.jpeg

優しい声のYさんがうーちゃん、低音の魅力?のワタシがかいくん。

f0269910_14495586.jpeg

メルヘンハウスの三輪さんが、紙芝居「どんなあじ?」を演じてくださいました。

楽しい時間

居心地の良いメルヘンハウス

お話会の後はゆっくり店内の本を眺めて過ごしました。
こんなにゆったりとしたスペースに、こんなに絵本がたくさん面だしされたお店はありません。
徹底して子どもたちへの配慮が行き届き、
絵本を読んで育って、大の本好きになった子どもたちには、
しっかり選ばれた児童書が通常の書店では見られないほど揃っています。
時代の波とはいえ、残念でなりません。
ここで本を選んでメモし、注文はネット書店へ、なんてお客様もいるそうです。
悔しいけど、寂しいけど、
でも、決心されたことですものね。
ここで素敵な出会いをした子どもたちは、どんなに沢山いるでしょう?
わたしも、ゆっくり伺えて、本当に良かったです。

拝啓、メルヘンハウスさま、
長い間ありがとうございました!
お疲れさまでした!
でも、まだ2ヶ月近く、体調に気をつけて
頑張ってくださいね。

メルヘンハウスの高畠純さんの絵の前で、三輪さんと記念撮影♡

f0269910_14484754.jpeg

この後、美味しい晩御飯にもご案内くださった、素子さん、素敵な写真をありがとうございました!

東京ー名古屋、日帰りのわりには、ゆったりと楽しい旅でした。

お家に帰って、寝る前にはベットの中で、
この日メルヘンで出会った二冊の本を。
いいなぁ…
私もうつくしい文と心に届く絵を、
すてきな絵本を、つくりたいなぁ…まだまだ

f0269910_14510635.jpeg





by pukuminn | 2018-02-04 16:02 | イベント