ひろかわさえこの絵本とそれから・・・


by pukuminn

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

篠崎三朗さんの個展

童美連の大先輩、篠崎三朗さんの個展が、今日までだったので、昨日青山まで行ってきました。
このブログで知って、私も見たかった!という方、ごめんなさい。今日までだったんです。
もっと早く行ってご紹介するべきでした。

f0269910_21381261.jpg


これは、いただいたDMの画像です。
ギャラリーmayaの白い壁面に150点余のハガキ大のキャンバス、女性の顔と鳥の絵がありました。
なんて、自由で楽しい表現。しかも一枚一枚が力を持っている厚み。
お仕事の合間合間に、気分転換とか画法の試作として描かれたそうですが、
それは篠崎さんの世界そのもので、そういう位置にある絵だからこその自由さもあるのでしょうか。
ギャラリーmaya2では、篠崎さんの若い頃からの仕事のエスキースやラフスケッチ、絵本以外のお仕事や、旅先のスケッチブックなども並べられていて、椅子に座ってゆっくり見れるようになっていました。
この旅先のスケッチブックは、以前の個展の時に見せていただいたのですが、
写真以上に語るものでほんとに凄いんです。
一緒に旅行すると,篠崎さんはちょっとしたところでも立ち止まってささっと鉛筆出してスケッチされるそうです。
「うまく描く必要なんてないんだよ」ってご本人は言われるのですが、
その絵がとても味があって、しかも貼付けたチケットなどと一体になっているのは、もうデザイン感覚が身に付いているからなのでしょうね。いやあ、真似したいけど、出来るかしら?
以前の個展に描かれた、365枚の太陽の絵、全部違うのに全部篠崎さんの絵、当たり前ですが凄い個性だと思うのです。しかもしっかりした描写に基づいた個性。
でも、それが本当に手を抜かない、地道な積み重ねの上にあることは、絵本のために描かれた、たくさんのエスキースが見せてくれます。
一枚の絵のために描かれた4、5枚のエスキース、、、それだけの積み重ねもすごいのだけど、
その一枚一枚の絵がとてもよくて、なんだか泣きそうになってしまいました。
本当に良いものを見せていただいたと思います。

2週間ほど前、童美連の新理事長になられた藤本四郎さんのインタビューを広報部のお仕事でしてきたのですが、その時も藤本さんが今に至るまでの経験や努力の厚みに、圧倒される思いでしたが
お二人共、とても暖かく後輩の私たちへアドバイスを下さっているように思います。
これって、宝物に出会うみたいなことだと思うのです。

ああ、まだまだまだまだです。手を動かそう!
by pukuminn | 2013-04-27 22:21 | 日々のこと

いろいろいろな

桜が終わって、本格的に春、,,と言いたいけれど、
まだ少し肌寒い毎日です。
それでも、ちゃんと季節は進んでいて,
外に出るといろいろな花が次々と咲いています。

f0269910_1512696.jpg

f0269910_1521142.jpg

f0269910_1525119.jpg



いろいろな色が
たくさん溢れているというのは
とても いい

例えばイラクの破壊された街には色がなかった
9・11の瓦礫の山にも、
東北の津波で何もなくなった更地にも、
だから、色が輝いているのは
とても いい と思います。

私は制服がきらいです。
いろいろな個性が、一つの色の中に
とじこめられてしまう
私、6年も女子校のセーラー服着ていたのでね
あれは、きらいです。

画材屋さんで、ふとソフトパステルが目にとまりました。
小さめの木箱に太っちょのおちびさんが36色
パステルは前にも使った事はあるけど、使いこなしてはいませんでした。
ほ〜、これは遊んでみたいかも。
と、新しい画材を買った時って、わくわくするんですよね。
実は、これが手に馴染むまでけっこうな苦労をすることになるのに。

描いてみました。
太くて細かく描けないので、それがいい
水彩も筆が直に気持ちを伝えてくれそうで好きなのだけど
これは、もう、、、指そのままで
色を置いて指で描く感じ。これぞ、手描き!
いいかも。
スケッチなんかもしてみたいな、と思いました。
ソフトパステルのおちびさん、当分私のお伴してもらいましょ。

f0269910_2501.jpg

by pukuminn | 2013-04-26 09:00 | 日々のこと

のはらにね


「のはらにね」f0269910_1124669.jpg














童心社の月刊紙芝居の年少向け4月です。

f0269910_1145415.jpg



のはらにね

こうさぎがきて

ふんふんふん。

「なあに?なあに?このにおい。」

ふんふんふん。


「あーーーーーーーーーっ!」

f0269910_1213793.jpg


こうさぎが、見つけるのは小さな一輪のお花です。
他の動物たちも集まってきて、みんなでお花を見つけます。
いつの間にか、周りにはたくさんのお花、、、春がきたね!嬉しいね!
という、なんていうことはない、とても単純な物語です。
紙芝居の依頼が有った時、一番描きたいものは何だろう?と思いました。
そして、このとてもシンプルな物語が浮かびました。
2年前、まだ雪降る東北で大きな地震があり、たくさんの人が被災して、
雪国育ちの私ですが、あの時ほどニュースの中で被災地に降り続く雪を恨めしく思ったことはありませんでした。あの年は、きっとたくさんの人が「春よ来い!来てくれ!」と
願ったのではないでしょうか?
そして、あれから本当に春が来ることを心から嬉しいと思うようになりました。
だから、です。
春を迎える嬉しさを、とてもシンプルに描きたかったのです。

紙芝居の創作はいつも悩みの種です。
絵としては、絵本よりも文字が入らない分,画面全体を使って描けるので
制約が無いようですが、さにあらず。
まず遠目が効く絵柄であること
重なりはなるべく避けて物や登場人物がはっきり認識できること
しかも、年少版は8画面,その中で起承転結を成立させなくてはなりません。
小さくても、お芝居の舞台ですから、説明的な文章より
物語は会話で進む方が楽しさもUP。
いろいろ考えていくと、これ、けっこう大変!
でも,紙芝居は日本で生まれた文化で、今、東南アジアやヨーロッパに
どんどん広がっているのだそうです。
どこにでも、持って行ける小さな劇場って・・・素敵だものね。

というわけで、今も悩みつつ取り組んでいます。
次の主人公は、たぬきのポンコちゃん。
さて、どうなるかな?

f0269910_1484116.jpg

by pukuminn | 2013-04-15 09:00 | おしごと

奥勝實さんの個展

4月8日、晴天。ちょっと風は強めだけれど、気温もあがって春の陽気でした。
今日のテーマは楽しいこと二つ。
一つ目は講談社のNさんと久しぶりの打ち合わせ。
Nさんは、私の大事な本「あいうえおのきもち」を編集してくれた方。
「あいうえおのきもち」は書き始めたのが2004年、
出来上がったのが2011年。
7年もかかってしまったのだけど、Nさんはとても辛抱強く、
愚図な私を見捨てることなく
つきあってくれたのです。ほんとに、感謝。
そのNさんと待ち合わせたのは、
吉祥寺にかなり古くからある喫茶店「ゆりあぺむぺる」
私が吉祥寺近辺に住み始めのは、もう40年前にもなるけれど、
「ゆりあぺむぺる」に行き始めた記憶は30年くらい前かな?
当時も今も変わらない,クラシックでちょっとレトロな雰囲気。
最近の吉祥寺では貴重な、大人の雰囲気の静かなお店なのですね。
そこで,美味しいケーキと珈琲

f0269910_22592863.jpg


幸せな気分に浸っていたら、新しい絵本の課題をしっかり渡されました。

おもしろい、けど、、、むずかしい。
こういう風に、心をくすぐられる主題をさらっと置いていく、、、
そういうひとがいるのですよね。

二つ目は、やはり吉祥寺の絵本専門店「トムズボックス」のギャラリーで
開催されている、奥勝實さんの個展。
Nさんもご一緒してくれました。
奥さんの個展「猫たちの会議は金曜日もあるからね」
奥勝實さんは、「震災で消えた小さな命展」の参加作家仲間です。
個展にお邪魔するのは2回目。
素敵な銅版画や水彩、そして手縫いのちょっと不思議な動物たち・・・
とっても自由でおしゃれな作風なんだけど、この動物たちみんな哲学してる!
じっと見ていると、禅問答みたいな会話が生まれそうな気がしてきます。
一緒に写真とらせてもらいました。猫たちも一緒。

f0269910_141406.jpg


奥さんの個展はあと二日、水曜日までです。
奥さんの奥(笑)のトムズボックスの店舗の壁面は植田真さんの原画展、
それも見られて、すっかりほっこりして帰ってきました。
by pukuminn | 2013-04-08 23:41 | 日々のこと

チャリティー展ふたつ

この時期、やはり東日本大震災に関連したチャリティー展が続きます。
ひとつは、去年の8月から始まっている「震災で消えた小さな命展」後期の巡回が
東京に回ってきています。

f0269910_18484782.jpg


◆05◆2013年4月2日(火)~4月6日(土)
会場:東京都新宿区/韓国文化院 GALLERY Mi
住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-10 駐日韓国大使館 韓国文化院1階
時間:10:00~17:00(最終日は15:00まで)
入館料:無料
電話:03-3357-5970

今回見逃した方は、9月にまた東京に戻ってきて
市ヶ谷の一口坂ギャラリーでの展示があります。お待ちくださいね。
詳しい日程は下記「震災で消えた小さな命展」HPから御覧下さい。
http://www.chiisanainochi.com/

もうひとつは、目白にあるブックギャラリーポポタムさんでの展示です。
「66人のチャリティー展」2013です。
ポポタムさんHP
http://popotame.m78.com/shop
66人、実際は+?人のイラストレーター、絵本作家、版画家、画家、もの作り作家など
描きおろしの人もいれば、旧作を出す人、様々ですが、売り上げの40%が
震災で被害を被っている子ども達へ贈られます。
原画はもちろん、立体物もいろいろな小物なども有るらしい。
是非,のぞいてみて下さい!
今回の目玉(?)は、東北の木工所から送られてきた木片で何か作るという企画。
私も申し込んで、7枚の木片が送られてきました。

これこれ→ f0269910_1910810.jpg















さて、何にしよう?
2011年の夏に「NO! ゲンパツ展」で御縁の出来たポポタムさんなので
ちょっと地味めの、何気なく鞄などにぶらさげられるメッセージタグを作って見ました。

じゃ〜〜〜ん!

f0269910_19135952.jpg


幅2.5cm長さ12cmくらいかな。皮ひも付き^^
ポポタムさんで販売します。どうぞよろしくお願いします! m(_ _)m
by pukuminn | 2013-04-03 19:19 | イベント

はじめましてのブログ

はじめまして。
ブログをはじめてみようと思います。
4月1日を期して・・・と思ったら、めずらしく風邪
ひっくりかえっていました。

5日からのチャリティー展に出す絵を送らなければいけなかったのですが・・・

4日に足で搬入しよう。
もう少し、仕上げたいものもあるし。

明日はおとなしく家で作業かな。

このチャリティーのことは、またあらためてUPしますね。

f0269910_55311.jpg

by pukuminn | 2013-04-02 00:39 | 日々のこと