ひろかわさえこの絵本とそれから・・・


by pukuminn

カテゴリ:イベント( 24 )

かしましくない?三人の

4月は、7月の新刊赤ちゃん絵本の制作に追われ、
五月の連休もあっという間に過ぎて、気がつけばもう半ば過ぎ。
夏も間近な感じです。
五月に入って、児童文学作家のいとうみくさんの本を2冊読みました。

f0269910_21462019.jpg

「かあちゃん取扱説明書」「ぼくはなんでもできるもん」
テンポの良い言葉で、どんどん読み進め痛快!おもしろい!
でも、子どもたちへの飾り気無い愛情がしっかり底を支えていて
読み終わってあったかい気持ちが残ります。
「ぼくはなんでもできるもん」は特に、私の新刊「ちがうもん」のぶうちゃんが
ランドセル背負って小学校に行ったみたいな男の子が主人公で、親近感。
(あ、新刊「ちがうもん」のお話は次回のブログでね。)

大人になってからは、たまにしか児童文学を読まない私なのですが、
いとうみくさんの著書を読んだのには、訳があります。
来月、6月14日(木)の夕方から、神保町のブックハウスカフェで、
いとうみくさんと、前ブログで書いた「ワンダー」の翻訳者の中井はるのさんと、
私の三人でのトークライブがあります。
そうそう、「ワンダー」の絵本版も発売になりました。

f0269910_21454917.jpg

「みんなのワンダー」は、「ワンダー」のテーマがシンプルにストレートに伝わって来ます。
子ども時代にこういう本に出会うのと、出会わないのでは、
そこから続く思春期のややこしいぶつかり合いの時期の過ごし方が、大きく違って来るのでは?と
思います。

毎月の第三火曜日の夜、
表参道のクレヨンハウスで開かれている「えほんの会」というのがありますが、
2月の会で中井はるのさんに初めてお会いしたのが、
このトークライブに参加することになったきっかけです。
初めは冗談かと思っていたけれど、その後4月に再開して本格的な企画に。
メンバーも同じ児童書の世界に居乍ら、作家、翻訳家、絵本作家、と立ち位置の違う三人。
でも違うけれども、きっと相通じるところもたくさん有るはず。
個人的に、お二人からどんな話が聞けるのかワクワクしつつ、
数いる絵本作家の中で私でいいのかしら?とドキドキしつつ、
でも、きっと楽しいトークライブになるはずです。
子どもの本を愛する皆さん、ワインでも片手に気楽に参加してください。
お待ちしています。


申込はブックハウスカフェへ
□予約: 要(店頭/E-mail: book@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
※メールでご予約の際は必ず、件名に「イベント名・日時」、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください

f0269910_21440037.jpg






by pukuminn | 2018-05-17 22:32 | イベント

メルヘンハウス


昨日2月3日、名古屋のメルヘンハウスに行って来ました。
創業45年、日本で初めて出来た子どもの本の専門店。
私もお付き合いさせていただいて20年近い年月が流れました。
そのメルヘンハウスが、来月の31日をもって閉店するのです。

朝から良いお天気。アリス館の編集のYさんと新幹線で待ち合わせ。
実はYさんとも長いお付き合い。彼女がアリス館に入社する前からですから
もう15年以上です。新刊の「ともだちのやくそく」も担当してくださいました。

名古屋駅のタワービルで、お決まりのきしめんを食べて、
いざメルヘンハウスへ。
何度か来た千種駅……何度も来たメルヘンハウス。
1999年に出版したぽかぽかえほんのシリーズ、
「いちにのさんぽ」「あめぽったん」「おふろにおいで」の原画展を
二階のギャラリーで開いていただき、それが始めでした。
その後、講演会に呼んでいただいたり、ブッククラブに私の本を入れていただいたり、
「ともだちになろうよ」は再び原画展も。
とてもとてもお世話になりました。

久しぶりに来た店内はお客様もたくさん、
ぷくちゃんを読んでくれていた親子さんや、子どもたちに私の本を読んでくれている保育士さんや、元気な子どもたちもいっぱい。

3時からのお話会に参加。久々の「あのやまこえてどこいくの」を、子どもたちとかけあいで読んだり、新刊「ともだちのやくそく」を、Yさんと二人読み。

f0269910_14492324.jpeg

優しい声のYさんがうーちゃん、低音の魅力?のワタシがかいくん。

f0269910_14495586.jpeg

メルヘンハウスの三輪さんが、紙芝居「どんなあじ?」を演じてくださいました。

楽しい時間

居心地の良いメルヘンハウス

お話会の後はゆっくり店内の本を眺めて過ごしました。
こんなにゆったりとしたスペースに、こんなに絵本がたくさん面だしされたお店はありません。
徹底して子どもたちへの配慮が行き届き、
絵本を読んで育って、大の本好きになった子どもたちには、
しっかり選ばれた児童書が通常の書店では見られないほど揃っています。
時代の波とはいえ、残念でなりません。
ここで本を選んでメモし、注文はネット書店へ、なんてお客様もいるそうです。
悔しいけど、寂しいけど、
でも、決心されたことですものね。
ここで素敵な出会いをした子どもたちは、どんなに沢山いるでしょう?
わたしも、ゆっくり伺えて、本当に良かったです。

拝啓、メルヘンハウスさま、
長い間ありがとうございました!
お疲れさまでした!
でも、まだ2ヶ月近く、体調に気をつけて
頑張ってくださいね。

メルヘンハウスの高畠純さんの絵の前で、三輪さんと記念撮影♡

f0269910_14484754.jpeg

この後、美味しい晩御飯にもご案内くださった、素子さん、素敵な写真をありがとうございました!

東京ー名古屋、日帰りのわりには、ゆったりと楽しい旅でした。

お家に帰って、寝る前にはベットの中で、
この日メルヘンで出会った二冊の本を。
いいなぁ…
私もうつくしい文と心に届く絵を、
すてきな絵本を、つくりたいなぁ…まだまだ

f0269910_14510635.jpeg





by pukuminn | 2018-02-04 16:02 | イベント
26日、27日は連日で横浜でお話し会でした。
26日夜は東神奈川であそびうた倶楽部のお招き。
ちょっと以前にやっていた、ワークショップをリニューアルしてやってみましたが、
皆さん楽しんでくださったようで、よかった!
久しぶりで「あいうえおのきもち」もフルバージョンで読みました。
絶版状態なのですが、たまにお話会で聞いてもらうのは良いかなぁ。

横浜泊にて翌日は弘明寺の「子どもの本&クーベルチップ」さんへ。
京急線の赤い電車は、とよたかずひこさんのうららちゃんの電車みたい。
ちょっとうきうき🎵
京急の弘明寺駅から坂を下ると、弘明寺があります。

f0269910_14380314.jpeg


入ってみようと思いましたが、長い階段を見て断念。また今度。
元は参道だったのでしょうか、弘明寺商店街に入ります。
この商店街がとても良いのです。

f0269910_14383705.jpeg
懐かしさ満載!
横浜地下鉄ブルーウェイと京急を結ぶ形になっているせいか?とても人通りも多く賑わっています。ちょうどお昼時手前だったので、露店にお惣菜やお弁当を並べているところ、というお店多数。
地方に行くと、シャッターを閉めた半ば廃墟のような寂しい商店街に多数出会うので、この賑わいは元気が出ます。

f0269910_14390031.jpeg
看板、ネオンサイン、良いですね〜〜


f0269910_14393048.jpeg
久しぶりにペコちゃんにも会いました。

その商店街の中ほどを突っ切る大岡川の橋を渡って右に折れてすぐのビルの一階が、
「子どもの本&クーベルチップ」さんです。

f0269910_14395108.jpeg
27日は「ぞろりぞろりとやさいがね」の原画展の前で、お話会をさせていただきました。
18年前に芽を出した野菜のお話から、今回の「ぞろりぞろり」に至る経緯。
考えてみると、
知識絵本→赤ちゃん絵本→お話絵本の流れって、私が作って来た絵本の流れともリンクします。野菜バージョンで未踏なのは詩の絵本?歌絵本?
あ、ちょっと楽しそうですね。
歌といえば、前夜に引き続き「あそびうた倶楽部」の三根さんに野菜たちの歌と、みみず和尚のセリフをお願いしてやっていただきました。
みみず和尚の台詞は、男性に厳かに読んでもらうとぐっとお話が締まるのです。
哀愁を帯びた歌のメロディも、ステキでした。

新刊の「ともだちのやくそく」に至る13年のエピソードもお話ししました。
みなさん、カップル読みしていただけたでしょうか?
まだ外は、雪解けの冷たい風が吹いていますが、この絵本を読んで、春風を心に呼び込んでいただけますように。

お話会前後もふくめて、沢山大好きなお友だちが訪ねてくださいました。

f0269910_14401545.jpeg
やはり十数年前の横浜近辺のお話会から、
ずっとお付き合いくださっている日下さんと。

f0269910_14403685.jpeg
お話会終了後、ほっとして記念撮影。
私のお隣がこの日のミミズ和尚様です。


クーベルチップさんの原画展は、今日の夕方まで。
また、どこかで展示出来ると良いのですが。
さて、二日間の楽しいイベントが終わったので、机の仕事に戻らねば!







by pukuminn | 2018-01-28 15:47 | イベント

2018年が明けました。
新年早々のお知らせです。
年末に急遽決まりまして、横浜の弘明寺にある子どもの本のお店
クーベルチップさんで、「ぞろりぞろりとやさいがね」の原画展を
させていただく事になりました。
昨年の10月の広島開催から、東京でもやりたいな〜と思っていたのですが
先に神奈川の開催になりました。
広さの関係から全点は飾れないのですが、今日中から選りすぐり?の十数点を
発送したところです。
お近くの方は是非お越し下さい。ちょっと家から遠いもので常駐は出来ませんが
27日の午後には小さなお話会とサイン会もさせていただきます。
なんと、その日にはあの、新刊も届いているはず!

●クーベルチップさんは、月火水は定休日ですので、ご注意を!

f0269910_02370946.jpg
もう一つお知らせ。
絵本ナビの「2017年絵本まつり」に、「ぞろりぞろりとやさいがね」が
ノミネートされています。実は、こういうイベントが有るという事も、今迄知らなかったのですが
年間1000冊以上出版される絵本の中からこの19冊の仲間入りで来ただけでも
相当嬉しいです。
去年は私事で悲しい別れが多かったのですが、今年は良い事あるかしら?
絵本まつりでは、お気に入りの絵本の投票とレビューを募集しています。1月18日まで!
覗いてみてくださいね。販売サイトでの書評も最高!でした。
https://www.ehonnavi.net/award/award.asp?aid=LJR8K&ts=LZRBK3J2ZD


今年は、楽しいことがたくさんありますように!
元気で仕事が出来ますように!
どうぞ,よろしくお願いいたします!

by pukuminn | 2018-01-06 02:51 | イベント

広島東城 原画展

10月の後半はいろいろ有りまして、
ブログにアップするのがこんなに遅くなってしまいました。
広島県東城で開催していただいた「ぞろりぞろりとやさいがね」の原画展
10月17日、18日と行ってまいりました!

この時季には珍しい長雨の続く中、東城に到着すると…
f0269910_12483461.jpeg
やりました!晴れ女の面目躍如です。早速会場へ


f0269910_12490311.jpeg






























f0269910_12494364.jpeg


f0269910_12503692.jpeg

著作本と一緒に、季節の実りなども飾られて、とても温かな心配りをしていただきました。

そして、とても楽しみにしていた百姓庵「紡」へ

f0269910_12520395.jpeg






















この景色!雨あがり、畑の野菜の緑がきれい!「紡」のお庭からの景色です。
f0269910_12524544.jpeg


ここを訪れた児童書の作家たちの記念樹が並んでいます。
私は可愛く「ひめりんご」にしていただきました。
f0269910_12533809.jpeg






























f0269910_12554526.jpeg
にわとりさん


f0269910_12541692.jpeg
やぎさん(夫)


f0269910_12543920.jpeg
やぎさん(妻)妻には角が!



百姓案「紡」は体験学習が出来る農家民宿です。
今回は時間が無くて残念でしたが、いつかその体験メインで行ってみたい!

夜は心づくしのお料理で、もちろんいっぱい。
囲炉裏を囲んで,広島から来て下さった[子どもの本・大好きの会]の方とも交流。
楽しい時間を過ごさせていただきました。
f0269910_12562154.jpeg
囲炉裏で焼けるヤマメと鮎

f0269910_12565601.jpeg
これは珍味!上からシシ肉の薫製、ワニの刺身(笑)、お手製の柚餅子
柚餅子は黒い方で乗っているのはクリームチーズ♡


f0269910_12573001.jpeg
大きななめこ!北海道の落葉というキノコに似ています。絶品♡



翌日18日は本番。画像が無いのが残念ですが、八幡小学校という全校生徒22人の小学校へ。
広い講堂で絵本のお話をさせていただきました。
授業時間の一時間分という短い時間でしたが、
終わって休み時間になったら子どもたちがわーっと寄って来てくれて
どうもひとり一問ずつ質問を用意してきたみたい。可愛かったなぁ〜

そして次に目指すは、
f0269910_12584557.jpeg
なんと素敵なネーミング!本当にタヌキやイノシシが出るんだそうで…



ぽんぽこやま保育園では、あかちゃん絵本の読み聞かせ。ここは園児9人だったかな?
みんな兄弟みたいに育っているところが、なんとも微笑ましく暖かいですね。

ぽんぽこやまを後にして、寄った凄い歴史ある、奴可神社のお祭りも、
神楽を踊っているのはみんな子どもたち。村の長老から教わるのだそうです。
このお祭りにあわせて、七五三もお宮参りも、老若男女が皆集う。
もう都会では無くなってしまった地域の繋がりが、皆で子どもを守り育てていく…というような
とても懐かしいものがありました。

f0269910_13001430.jpeg


f0269910_12593072.jpeg


f0269910_13023588.jpeg


f0269910_13005600.jpeg




去年は事情があって,諦めてしまった東城、今年は行けて本当に良かったです。
日本の田舎の素敵なところがいっぱい詰まった、また行きたい♡という所でした。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました!

f0269910_13040765.jpeg
旅立つ朝の百姓案「紡」






f0269910_13044542.jpeg

他所には出ていないという酒造のお酒、買って帰りました。


おや、もうへっている…

























by pukuminn | 2017-11-07 16:03 | イベント

絵本おはなし会

5月もあと2日でおしまい。
一年でいちばん爽やかな風が吹くこの季節なのに
ゆっくり青葉を味わう時間も無く、梅雨の季節に突入しそうです。

f0269910_219141.jpg


5月の後半は、毎週 絵本のおはなし会がありました。
まずは15日の愛知県三好ケ丘の三井アーツさんへ。
上の画像は三好ケ丘の駅でぶうちゃんの紙コップマペットをパチり。
三井アーツさんは,個人のお宅の1階が地域の文化のコミュニティーになっていて
子育て支援の場にもなっているようです。
素敵なところで,素敵な方たちと出会えました!
ここでは「ぶうちゃん」が大人気!
岡崎の絵本屋さん「ちいさいお家」さんが販売して下さったのですが
何冊か読んだ中で、
子どもたちに「わかってるもん」が支持されていたのが、嬉しかったです。

22日は横浜のYWCAで「虹色カフェ」さんの主催の
子どもの本・九条の会 メッセージ原画点のお話会でした。
若いお母さんと子どもたちに混ざって、何年も前にお話会を開いて下さった方が
駆けつけてくださって、嬉しい再会。懐かしかった〜!
半分絵本の話、あとの半分はメッセージ展の絵の話や平和についてのあれこれ
本作り以外は、何の専門家でも無いけれど、想いを口に出すことは大事な事
それだけでも伝えられたら良かったかな?と思います。
横浜のママたち、センスが良くて、とても積極的で、頼もしい!

そして27日は、やはり横浜の子育て支援拠点「いっぽ」さんへ。
2時間、ゆっくり絵本の話、子育ての話、させていただきました。
絵本もたくさん読みました。
とっても素晴らしい施設です。今はこういうところがあちこちに出来ているのかな?
でも,入れ物だけあっても素敵なところにはならないのです。
やはり、ここが暖かく居心地が良さそうで、楽しいことがたくさん有りそうなのは
そこを運営するスタッフの方によるのですよね。

f0269910_2433676.jpg


そう言う訳で、施設長の松岡さんとパチり!

このあとは隣駅「中山」の古民家カフェ「753カフェ」で美味しい無農薬野菜のランチをいただき
豊かな話に花が咲きました。いいなぁ〜、中山、すっかり気に入ってしまいました〜

753カフェのランチです♡
f0269910_3252664.jpg



さて、6月も絵本おはなし会が続きます。
次は6月5日pm2:00~ 中野中央図書館です。
さて、ちゃんとお話できるかな?なんどやっても、なかなか馴れず冷や汗かいてます。
by pukuminn | 2016-05-30 06:00 | イベント

横浜で!

横浜の若いお母さんたちが主催して、
「子どもの本・九条の会」の巡回中のメッセージ展が開催されます。
お知らせが遅くなってしまいごめんなさい!今日からです!
前半はエリスマン邸,最後の二日はYWCAのギャラリーにて。
22日は、私がお話に伺います。
絵本のお話、、、新刊もよみます!
と,後半はメッセージ展や、そこで描いた絵のことや、
海の牛のこと、おかの牛のこと、などなど。
さて、どんな話に流れて行くか?そこから、子どもたちの未来に
わたしたちが残していきたいものを、みんなで探せたらいいな〜と思っています。
まだ間に合うかも。お近くの方は是非、いらしてください。
22日14:00から。横浜YWCAです。

f0269910_2525157.jpg


f0269910_2532980.jpg

by pukuminn | 2016-05-17 02:54 | イベント
お餅を食べても忘れない。安保法案には反対です!
1月9日(土)〜11日(月)の連休、三鷹の商店街の一角で

「子どもたちに手わたしたい 
         平和なあした」
三鷹子どもの本・九条の会発足イベント


が開催されます。昨年の「子どもの本・九条の会」7周年に池袋で展示した
絵描きたちのメッセージ展の絵の展示と、児童文学作家の丘修三さん、濱野京子さん、評論家の西山利佳さんのトークや,平和絵本の読み聞かせが予定されています。
9日午後と11日午後は私も会場におります。
是非、おでかけくださいね。

f0269910_22173742.jpg

f0269910_22175622.jpg

by pukuminn | 2016-01-05 22:19 | イベント

森のおうちで

安曇野の絵本の館「森のおうち」で、「震災で消えた小さな命展3」が始まりました。
18日、搬入のお手伝いに行ってきました。
穂高からタクシーで10分、「森のおうち」は本当に森の中に建っています。

f0269910_1540355.jpg


ハンプティーダンプティーがお出迎え。階段をあがった展示室に、「震災で消えた命展」の絵が飾られています。

f0269910_1544419.jpg


私が到着したのは、お昼過ぎだったので、もう半分以上展示は進んでいましたが、
仕上げの2時間ばかり、お手伝いすることが出来ました。

f0269910_1545619.jpg


f0269910_15453452.jpg


12月と1月、ここでゆっくり過ごせるのは、絵の中の動物たちも嬉しそうに感じられます。
一階にはミュージアムショップやレストランも有ります。

f0269910_15482574.jpg


窓の外には、冬を迎える準備を始めた森が広がっています。
この日はあいにくの雨模様。

f0269910_15504437.jpg


森のおうちの館長さんと一緒に記念撮影です。

f0269910_15525419.jpg

左から参加作家のタカタカヲリさん、館長さん、谷村あかねさん、私、うささん

スタッフの皆さんとも

f0269910_15532984.jpg


絵たちがお世話になります。来年の1月25日まで、よろしくお願いします!

この続きの小さな旅のお話はまた次回 m(_ _)m
by pukuminn | 2015-11-22 16:01 | イベント

三鷹まるごと絵本市

今日は、めずらしく,ブログ連投です。
知る人ぞ知る、「三鷹まるごと絵本市」10月10日(土)〜25日(日)
今年が3回目だそうで、私も毎年秋になると駅前のデッキ広場に掲げられる横断幕を
「なにかな?どこで?なにを?」と気になっていたのですが、
今年は、お声をかけていただいて、イベントに参加することになりました。

三鷹市には、「星と森と絵本の家」という100年前の古いお家を改造した
絵本の館があり、2006年から「子どもと絵本・ボランティア講座」というのも
開催していて、絵本の文化に積極的に取り組んでいる町です。
おはなし会などのサークルが集まって結成した「みたか・子どもと絵本プロジェクト連絡会」が
年に一度,三鷹の商店街を巻きこんでする絵本のお祭りが「三鷹まるごと絵本市」です。
三鷹の商店街の45カ所のお店や,公共施設には、
そのお店やさんのお気に入りの絵本が置かれています。
右のを、開くと参加しているお店のマップが出てきます。

f0269910_18513714.jpg


おそば屋さんで、絵本見て、カフェでお茶飲んで絵本見て、お買い物しながら絵本見て〜
絵本ざんまいの一日なんて、いかがです?
街のギャラリーを使って、絵本原画の展示や、ミニ講演会も開かれます。
私は、そこに参加です。
今日、「ギャラリー由芽のつづき」さんへ、絵の搬入と飾り付けに行って来ました。
私は、「ともだちになろうよ」の表紙絵と、新刊の「ちいさなくだものえほん」から数点出させていただきます。(展示は18日まで)
絵本市に関わってきた、他の作家さんの絵も飾られます。
明日の午前中は、ミニ講演会と、ぷくちゃんのぱんつの模様を描くミニワークショップもあります。
実は新刊も20冊限定で、先行販売します。
「ちいさなくだものえほん」原画、ちょっとだけ初お披露目です。

f0269910_1925232.jpg


明日のお天気、ちょっと心配ですが、夜の内に雨があがってくれますように。

会場に、ぐりとぐらのたまごカーがありましたので、
無理矢理押し乗ってしまいました。
本当は、子どもたち限定だそうです。ごめんなさい!

f0269910_1953792.jpg

by pukuminn | 2015-10-10 19:12 | イベント