ひろかわさえこの絵本とそれから・・・


by pukuminn

さよならのあとで

12月になりました。
めっきり,冬ですね。

この時季になると、喪中はがきがぽつぽつと届いてきます。
今年は私が書いていました。
10月に5歳上の姉が亡くなりました。
考えてみると、姉は18歳で実家を離れているので
しっかり同じ屋根の下で暮らしたのは、たった13年…
それっぽっちしか,無かったのか、と思います。
でも、生まれた時からいるのが当たり前だったひとですから
日々、姉のいなくなった世界の穴が,大きくなっていくように感じます。

姉を空に送ったその夜に、部屋でぼーっとしていたら
机の横に積み重ねていた本の中から
ふいにこの本が私の手の中にやってきたのです。
本当に、見えない力が働いたような不思議なタイミングで。
数ヶ月前に、どこかで紹介されていて購入し、さっと読んで置いておいた本でしたが
勿論、初見の時も良い本だと思ったのですが、
でも、その時とはまったく違う言葉になったかのように、
私の心の中に入ってきました。
「さよならのあとで」

f0269910_23462229.jpeg
まるで、息をしているような本です。

後書きを除けば、たった42行の言葉が、
ゆっくりとゆっくりと、語られて行きます。
今、この時に
一欠片の押し付けがましさも無く
静かにこころに寄り添ってくれるのです。

この美しい本を創った、ひとり出版社の夏葉社さんと、
野の花のようなつつましく優しい挿画を書かれた高橋和枝さんに
ありがとう、を言いたいと思います。
高橋さんは、もうずいぶん前からのお知り合いで
素敵な絵本を描かれる方です。

夏葉社さんのホームページに
「何度も、読み返される本を。」とあります。
そのとおりに、何度もこの本を開くと思います。
次に開くときは、また違った言葉に出会うでしょう。
もちろん、言葉はかわりません。
そこにいる私が、今とはちがっているからです。
本は、うけとめる側によっても創られるものだと思います。
絵本もです。

こだわりの、ひとり出版社さん
応援したいですね。

f0269910_23464418.jpeg

by pukuminn | 2017-12-02 03:46 | 好きな本