ひろかわさえこの絵本とそれから・・・


by pukuminn

わんわん探偵団のこと

「わんわん探偵団」の16刷が届きました。
初版が2002年なので、15年間に毎年一回くらいのペースで版を重ねたことになります。
f0269910_13070216.jpg
ページをぺらぺらとめくりながら、いろんな事を思い出しました。
この本は、約150ページくらいありますが、全ページに絵が入ります。これはちょっとしたボリューム!
しかも、推理ものなので、絵の中にヒントを隠していたり、物や背景の位置関係なども重要、
主人公の本業(?)が犬のトレーナーなのであらゆる犬種が出て来ます。
なのでかなりきっちりしたラフスケッチを描いて作家チェックを受けなくてはなりません。
150ページ分の絵を、ラフスケッチ、下書き、本描き、三回描くわけで、
楽な仕事なんて無いから当たり前とはいえ、幼年童話の挿絵がほぼ初体験だった私は、ふーふーひーひー。
このシリーズは、「わんわん探偵団・おかわり」「わんわん探偵団・おりこう」と続き、
さてどれだけわんちゃんを描いたことでしょう?!
登場人物を描き分けるのも面白く、外の見える喫茶店で道行く人をメモ風にスケッチした事もありました。
当時,長女は中学1年、次女は小学校2年、実はこっそり登場させています。

f0269910_13072705.jpg
好物のいも天を買っているのが長女

f0269910_13080632.jpg
ニコちゃんTシャツの子が次女

こんな風に、本に描き込まれるのは、絵描きの子どもに生まれた特権か?いや迷惑かもしれません。
でも、今となっては思い出深い本になりました。
15年こつこつ売れて、今も店頭にあることもありがたく、
手を動かすことで鍛錬にもなったし、犬を描き分けるのもね!
なんせ、犬のスタイルの千差万別な事といったら猫の比ではありません。
作家紹介のページでは、杉山さんも私も犬に化けて…
f0269910_13083400.jpg
もちろん、本文中にも潜んでいますよ。
ね!↓

f0269910_13085713.jpg




# by pukuminn | 2017-09-08 14:30 | おしごと | Comments(0)
待望の(個人的にです)絵本が出来て来ました。
春に描いていた絵本、当初は7月出版を目指していましたが
諸々の事情から、9月の出版になりました。
十五夜さんまでには、店頭にも並ぶとのこと…

f0269910_17430264.jpg

タイトル文字も、「思い切り遊んでください」という私の依頼に
120%応えてくださった、デザイナーの山崎理佐子さん、感謝です。
丁寧な編集で支えて下さった、偕成社編集部のSさん、ありがとうございました。
おかげさまで、楽しい一冊が出来たかと、自負しています。

f0269910_17451305.jpg

扉です。扉の中で冷蔵庫の扉がそっと開いて…

私は絵本作家の他に主婦業も兼業していますが、
こちらはあまり胸を張って言えるような事ではなくてね、仕事を言い訳に手抜きし放題なのです。
日々の食材はほとんど生協でお願いしていますが、消費するつもりで買った野菜達…
忙し過ぎて作れなかったり、用事が出来て外食が続いたりすると、
とても申し訳ない事になるのです。
そういう野菜達を生ゴミに出すときは、本当に心がズキズキするのです。
この野菜達、怒ってるんだろうな…って。
そういう積年の後悔から生まれた絵本です。
愛すべき野菜達に「ごめんなさい!」の気持ちを込めて描きました。
f0269910_17463106.jpg
一生懸命描きました。

思えば、この絵本の発想の芽が出たのは18年も前のこと。
娘たち二人と、山梨の友人のお家に遊びに行く道中、小さなノートに落書きして遊んでいた時に
たくさん野菜の絵を描きました。その中に芽を出したジャガイモの絵があります。
f0269910_17435239.jpg
これこれ。


こんな落書きから、始まったのだなぁと、なかなか感慨深いものがあります。
絵本が生まれる場所は、遠い所ではありません。
私の場合は特に、半径10メートル以内な気がします。






# by pukuminn | 2017-08-21 18:12 | おしごと | Comments(0)

海をわたれば

絵本は絵と文でできている…のはあたりまえ
のことですが、文の書体についても,出版にあたってはいろいろ考えます。
まずは絵との相性、それから内容との相性
表紙のタイトル文字などは、手書きにする事も多いです。
本文の文字でも,色、大きさ、配置も絵本によってはとても考えます。
特に文字のまだ読めないあかちゃんの絵本は
文字も絵の一部として捉えてもいいのかなぁ?くらいに
思っています。
文字も表現の一部です。
読む時は、それに音やリズムが加わるから、より豊な世界になるのでは?と
思います。絵本を創る時は,必ず声に出して読んでみます。
講演会などでは、必ず何冊か読んでみます。
読み聞かせてもらう側の幸せ感を、いくらかでも味わってもらえたらな、と思っています。

ちょっと脱線しましたが、絵本の文字の話です。
私の本もたくさん中国や韓国で出版していただきました。
小さな子の絵本では韓国の簡体字はとてもマッチします。
あかちゃん絵本でも中国では漢字です。そりゃあそうですよね。
でも、中国の赤ちゃんは、全部漢字なのに
いくつくらいから自分で読めるようになるのかな?なんて
つい思ってしまいます。
f0269910_17001177.jpg

私のあかちゃんえほん「ちいさなやさいえほん」のシリーズが、
タイで出版されました。
タイ語は初めてです。
「わあ、タイの文字ってかわいい〜!」

f0269910_16335820.jpg

本文もこんなです♪ 楽しい記号みたいに跳ねたり踊ったりしています。

f0269910_16382861.jpg
 ぱっ ぱっ ぱ

f0269910_16390931.jpg
ぱら ぱら ぱら

f0269910_16401817.jpg
ごし ごし ごし


この文字たちは,声にだしたらどんな音なのでしょうね?
後日、出版社の方から、実際にタイの幼稚園に置かれている画像をいただきました。
ほ〜これが,タイの幼稚園か〜、ぷちとまとちゃんがテーブルに乗っています。
行ってみたいなぁ〜

f0269910_16405706.jpg

f0269910_16572805.jpg
☆タイの幼稚園の画像は撮影者に許可をいただいて載せています









# by pukuminn | 2017-07-26 17:11 | おしごと | Comments(0)

滝平二郎展

すっかり梅雨空になりました。久々の更新です。

昨日、「そうだ!もう会期が終わってしまう!」と出先の帰りに、三鷹市美術館で開催中の「滝平二郎展」に行って来ました。
滝平さんの「きりえ」は朝日新聞の日曜版の8年4ヶ月に渡る連載であまりに有名ですが、本来は木版画家であり、児童出版美術家連盟が出来た年からの会員で,絵本作家の大先輩にあたる方です。
そういう意味ではかなり見慣れてしまった絵のイメージがあったのですが、これが期待をはるかに超える素晴らしい展示でした。
f0269910_16543855.jpg



私が特に好きだったのは、古い時代の農民を題材にした木版画でしたが
荒削りながら一刀一刀が実に的確で、農夫の内面まで踏み込んだ表現に何度も会場を戻って見入りました。
後の「八郎」や「三コ」に描かれた大男の、見事に鍛えられた筋肉の美しさが、労働の賜物である事がわかります。

有名な先輩といえども、その年譜はほとんど知らずに来たのですが、
滝平さんは、21歳の時に太平洋戦争に徴兵され、あちこちの戦線を転々とした後に、
沖縄で終戦を迎えています。
何ヶ月にも渡り,沖縄の山地を逃げ回った悲惨な体験を描き残したペン画も展示されています。
そして、戦後おもちゃも絵本も無い時代に甥っ子さんの為にと、アンデルセンの「裸の王様」を版画で手作り絵本に仕立てたとのこと。…そして、何故「裸の王様」を選んだのか?
ここで全部書いてしまっては、これから見にいかれる方に申し訳ないので書きませんが
たいへん心惹かれるエピソードです。

三鷹市美術館は、時々凄く良い展示をするのに、あまり宣伝をしていないせいか?たいがい空いていて、ゆっくり展示が見れるので、とても好きな場所です。
「滝平二郎展」は7月2日まで。
是非、急いで見に行って下さい!三鷹市南口のデッキから直通のコラルビル5階です。

f0269910_16551318.jpg





# by pukuminn | 2017-06-28 17:22 | 日々のこと | Comments(0)

40年前のキャラクター

時々、施設に入っている母のところに慰問に行くのですが、
母の部屋で懐かしいものを見つけました。

私が40年前に某印刷会社のデザイン室…印刷会社の社長夫人が経営する
文具メーカーに勤めていた頃、描いていたキャラクターのメモ帳です。
まあ、よく残っていたこと!
当時は、ノートや便せん封筒、鉛筆や消しゴムや、いろんな物に展開して
銀座にあった文房具屋さん、クロサワって言ったっけ?のショウウインドウを飾った事もあったのです。
今見ると、「よくこんな稚拙な絵で、出来たな〜」と思ってしまうのですが。

TOMOKO&KUROBE

f0269910_17441266.jpg


赤い帽子の女の子がTOMOKO,
KUROBEはお伴の子犬。
大学を出たてで、最初はステッカーのデザイン、
それからキャラクターを作るために
仕事の半分は、せっせと絵を描かせてくれていた会社は、
今思うとずいぶんのんびりしていて
イラストレーターを育てる…という姿勢があって、ありがたい環境だったと思います。
でも、カラーインクとか使って好き放題描いていた私に、先輩のデザイナーのお姉さんが

「新人で特色使うようなキャラクター作っても、コスト的に出来ると思ってるの?」

え?新人いじめ?って、でもその通り!
う〜む……で、考えたのがこのBlack+特色1色で出来るキャラクターでした。
で、これが色の溢れる文房具売場で、思いがけない新鮮さ!
で、ちょっと売れてたんですよ。
結局、キャラクター文具業界にずっと身を置いてしまうと
自分の絵が変わって行ってしまう…と、
まだ自分の絵なんてぜんぜん描けていたわけでもないのに
生意気なことを思って2年足らずで,退職したのでしたが。

でも、このキャラクターは、
福島の裏磐梯にある、『ペンションとも』の談話室の壁に描いてきて
それは、今も残っていて、
娘たちと毎年のように行き、
まだ交流が続いていたりするのです。
# by pukuminn | 2017-04-18 18:07 | 日々のこと | Comments(2)